女性

数社で検討しましょう

海外旅行保険は比較サイトでみてみましょう。旅行目的や渡航先によって補償が変わってくるので、旅のリスクをイメージしながら、数社で比較することが大切です。旅行申込時に加入したり、出発当日でも海外旅行保険のカウンターが空港にありますので、比較するプランは少ないですが、加入しておけば安心です。

詳しく見る

電卓

解約時の返戻率が重要です

節税対策で使われる法人契約の生命保険では、保険料の全額が税務上の損金に計上できる商品が多く開発されており、選択肢が増えています。簡単な健康告知だけで加入できる商品も多く、多くの保険会社の商品を取り扱う総合代理店では、商品を比較して説明してもらえます。

詳しく見る

女の人

必要性を考えて加入

保険は生活に必要ですが、入りすぎると保険料が家計を圧迫します。家計簿診断をして、必要な保険に入るよう見直しなどをしないといけません。無駄な保険がないか、同じ保障でより安くなる保険がないかなどを検討すると良いでしょう。

詳しく見る

パスポート

治療保障や携行品保障

海外旅行保険は多くの会社から出されており、利用時にはしっかり比較しないといけません。まずは料金が高いか安いかがあります。現地で病気などになったとき、キャッシュレスで治療が受けらえるか、後で精算するタイプかの違いがあります。

詳しく見る

男性

あまり知られていない節税

保険はもしも大金が必要になった場合に備えるものというのが本来の形です。が、商品によっては貯蓄ができたり、節税対策になるという面も持っています。しかしだからと言ってたくさん払えばいいというものでもなく、自分にとって必要な分に対して加入するのがベストです。

詳しく見る

適切な保険を診断する

貯金箱

お金が貯まらない理由

2019年10月には消費税が10%になる予定である。ますます庶民の可処分所得は減少するばかりである。家計簿を見ながら、どこか削れる項目がないかため息をつきながら見る主婦も多いのではないだろうか。真っ先に小遣いを削られるであろう夫のため息も想像に難くない。一度ファイナンシャルプランナーなどに相談して家計簿診断を行ってはどうだろうか。特に保険など、本来必要な保証より多すぎる、又は、少なすぎることが家計簿診断からわかることもある。保険料はもしもの時の命綱となるので、無くすことはできないが、歳によって必要な保証額は変わってくる。若いうちに、まだ子供が小さいときなどは子供の今後のことも考え、大きな保険が必要であろう。だが、子供が独立し夫婦のみの家庭の場合にはそこまで大きな保険は必要ではないのではないだろうか。それを家計簿診断により炙りだし、効率的に節約することで可処分所得を少しでも増やし、充実した生活を送るべきである。また、保険のみに限らず、家計簿診断をおこなうことにより、無駄を可視化することができる。場合によっては食費が異常に多すぎる、通信費が高すぎるなど、第三者から見ると自明の理のことも、当事者達には気づきにくいこともある。これは家計簿をつけていても当事者達には気づきにくいこともあるので、是非ともファイナンシャルプランナーに相談し、家計のスリム化を実施してみよう。それが大増税時代を生き残る秘訣である。