解約時の返戻率が重要です

電卓

税務処理を確認します

節税対策で使われる法人契約の保険で重要なのは、解約した時に戻ってくる解約返戻金を累計支払保険料で割り算した返戻率になります。商品によって税務処理が異なりますので、税理士等に十分確認する必要がありますが、節税対策で使われる商品は保険料の全額または半額が税務上の損金に計上できるものがほとんどです。返戻率が比較的高いのは保険料の半額が税務上の損金に計上できる商品ですが、保険料の全額が損金に計上できる商品の方が節税効果が高いので人気があります。近年は国内の大手生保会社が節税対策の新商品を続々と開発しており、その多くは保険料の全額を損金に計上できる商品になっています。利益が上がっていて節税対策に関心のある企業にとっては商品の選択肢が増えています。数多くの保険会社の商品を取り扱っている総合代理店では、それらの商品を比較して説明してもらえます。外資系の生保会社も含めて、返戻率や節税効果および万一の際の保障内容を一覧表などにして分かりやすく説明してもらえるので、最適な商品を選択できます。最近の商品の特徴は健康診断が不要で健康状態に関する簡単な告知だけで加入できることです。契約から一定期間は病気による死亡の際に支払われる保険金額を少なくして、不慮の事故などによる死亡の際に支払われる保険金額を大きくした商品が多く、その仕組みによって簡単な健康告知だけで加入できるのです。一般の生命保険には加入が困難な人でも加入できる可能性があります。